英語翻訳の苦労

英語翻訳の苦労が多いパンフレット作成

国際化の進む現代社会においてはパンフレット作成を行うとなると日本語版だけでは十分であるとは言えません。世界へ向けて情報を発信し、より有能な人材を集めたり、より多様な顧客に目を向けてもらったりするようになるということは不可欠となっています。そのときに大きなハードルとなるのが翻訳であり、それと同時に必要になる数々のトラブルを解決するのは意外に苦労を伴うものでしょう。

一般には国内企業であれば日本語のパンフレット作成を行うことで企業の宣伝紹介を行っていくことになります。しかし、国際化の影響を受けて世界とのつながりを深めていこうとすると、その宣伝紹介は海外へ向けなければなりません。世界への情報発信には世界共通語として認められてきている英語版のパンフレット作成を行う必要があります。日本語のパンフレット作成を行うだけでも大変であるのに、それを翻訳するとなると大きな労力を伴います。

たった1つの文を英語に適切に翻訳するというだけでも語学力に長けている人がいなければできず、場合によっては翻訳を外注することになるでしょう。一方、それによって文の長さも変わることになるため、合わせてレイアウトを変更する必要が生じることがよくあります。特にタイトルやキャッチフレーズなどではその影響が大きく、そもそもそのページ全体のレイアウトの変更を考慮しなければならなくなることもあるのが事実です。そういった大きな変更をすることになると実質上は二種類のパンフレット作成をしているような実感を受けることにもなるでしょう。

このような際には英語版への翻訳に対応するサービスを提供しているパンフレット作成会社を利用するのが賢い方法です。プロとして翻訳家を抱え、パンフレット作成にも慣れている会社に依頼することによって難なく日本語版から美しい英語版を作り出してくれるでしょう。特に魅力的な点はヒアリングによって海外展開に向けて目指していることも伝え、それに合わせたデザインも施してもらえることです。国によって好まれるデザインも異なるのが事実であり、より高い印象を与えられるデザインに変更するという視点も欠かせないものであり、それを同時に実現できるでしょう。

国際化の影響を受けて海外展開をする上で不可欠なのがパンフレットです。より効果的なものを確実に手に入れるためにはプロの翻訳家を抱えて翻訳サービスを提供しているパンフレット作成会社を利用するのが良い方法です。”

Copyright © 2018 パンフレットから呼び込みまで All rights Reserved.